センター紹介

総合臨床教育・研修センターとは

優れた高度医療、一般医療を行うためには、医師のみならず、優秀な看護師や放射線技師、検査技師、薬剤師などメディカル・スタッフの存在、さらにこうした異なる職種の医療スタッフの協力体制が必須です。

 そこで京都大学医学部附属病院ではこうした観点から、2005年度に医師、看護師、その他のメディカル・スタッフの卒前卒後の教育を、一貫性を持って、統一して行うため「総合臨床教育・研修センター」を設置いたしました。 

医療従事者の教育の重要性が強く求められている理由は様々ですが、そのなかには

  1. 医療技術の高度化、専門化
  2. それに伴ういわゆる医療事故の発生
  3. 患者の要求の多様化
  4. 「インフォームド・コンセント」に代表される、患者やご家族への告知、開示の必要性の増大
  5. 高齢化社会、少子化社会の進行
  6. 医療費用の増大と、それに対する医療費節減の動き


などが挙げられます。

当センターではまず

  1. 卒前と卒後の教育に一貫性を持たせること
  2.  異なる職種の間で、横断的な臨床教育を行うこと、そして
  3.  卒後の一般的な臨床研修とその後の専門家になるための専門研修とを有機的に結びつけること

によって上記のような様々な問題に対応できる医療スタッフを育てていくよう努力しております。

 医療を行う者にとって最も大切なことは、優れた「医療技術」を持つことであることは間違いありませんが、それと同時に、いわゆる「人の痛みが分かる、優しい心」を持つこともとても大切です。このうち「医療技術」は、優れた技術の習得(手に職をつける) と知識の集積によってもたらされますが、特に前者の「手に職をつけること」と、「優しい心を持った医療従事者を育てること」は、教育者の経験に負うところが非常に大きいと言えます。

京都大学医学部附属病院総合臨床教育・研修センターでは、これらのことを念頭に置きながら、数多くの優秀で、経験の豊富な医療スタッフとともに、若くて、将来の医療に情熱をもった医療スタッフを育てていくよう日々邁進しています。

ページTOPへ戻る
医科研修医募集
歯科研修医募集
歯科研修医募集
講習会情報
京都大学医学部附属病院
京都大学
公式Facebookページ
UMIN
アクセス お問い合わせ リンク 証明書発行